GROHEHISTORY
HISTORY

GROHE HISTORY

グローエは1936年にドイツで創業し、水栓金具のパイオニアとして数々の機能的で高品質な製品をこの世に生み出してきました。1956年には世界で初めてサーモスタットを搭載した家庭用バス水栓を発売し、1968年にはいち早くシングルレバー混合栓を展開するなど、豊かな水まわり空間の創造に貢献してきました。過去10年間だけでも、GROHEは300を超えるデザイン賞を受賞し、米ビジネス誌FORTUNEが選ぶ「世界に変革をもたらす企業」トップ50にランクインするなど、このブランドの成功を実証しています。2014年よりLIXILのグループに入り、国際的なブランドとしてより一層の飛躍を目指しています。

1936

ドイツ・ヘマ市にてフリードリヒ・グローエによって設立

1956

世界で初めて、サーモスタットを搭載した家庭用バス水栓を発売

1960s〜

世界各国に支社を展開し事業を拡大

1960s〜

グローエ製品の日本市場における展開開始

1968

シングルレバー混合栓を発売

1990s〜

生産拠点を海外へ展開 カナダ/ポルトガル/タイ

1991

グローエジャパン株式会社設立

1996

浴室用サーモスタット水栓「グローサーモ」シリーズ発売

2000

洗面水栓「ユーロスマート」シリーズ発売

2003

キッチン水栓「ミンタ」を発売

2007

ドイツ・デュッセルドルフの新本社をオープン

2011

グローエのインハウスデザインチームがレッドドットデザイン賞を受賞

2011

キッチン水栓「K7」を発売

2014

グローエがLIXILのグループ会社となる

2014

電解水素水整水器「グラシア」を発売

2016

グローエ初のオリジナルシャワートイレ「センシア アリーナ」を発売

2017

米ビジネス誌FORTUNEが選ぶ「世界に変革をもたらす企業」にランクイン

2018

グローエジャパン株式会社の販売業務をblisspa japan株式会社((株)LIXIL100%出資)へ業務委託

2018

キッチンの革新的なウォーターシステム炭酸冷水器「グローエ ブルー」を発売

PAGE
TOP