2019/06/17

キッチンのインテリア・コーディネートを考える。大切なポイントとは?【前編】

住宅において、リビングとキッチンはお客さまにもよく目につく部分です。特に対面キッチンのお家では、キッチンのインテリアにもこだわりたい方が多いでしょう。

毎日心地よく過ごすためにも、キッチンのインテリアについてあらためて考えてみませんか?

ここでは、キッチンにおけるインテリア・コーディネートのポイントについてご紹介します。

目次
  1. インテリア・コーディネートのポイント
  2. キッチン で重視したいポイントは?

1. インテリア・コーディネートのポイント

はじめに、インテリアをコーディネートする際のポイントについて見ていきましょう。

■大切なのは見た目だけじゃない

インテリア・コーディネートというと、見た目をどれだけ整えるのかという点が重要だと思われがちですが、大切なのは見た目だけではありません。

その空間に合わせて、機能性が高く心地よい、そして予算に合ったインテリアを選ぶことが大切です。

例えば、狭い空間に大型のL型キッチンを置いても、作業スペースが狭くなり居心地も悪くなってしまうかもしれません。見た目がよいものを選んでも、使い勝手が悪ければベストなインテリアとは言えないでしょう。家全体のインテリアを高級なものでそろえているのに、キッチン本体がチープではそこだけ浮いてしまいますね。

また、リフォームの際には、リフォーム業者の技術もインテリアに影響するもののひとつ。シーリングや壁紙、床板など、施工技術が低ければ、見た目も悪く仕上がってしまいます。こだわりのインテリアの理想を叶えるために、複数のリフォーム専門会社の提案を比較してみても良いでしょう。

■まずはスタイルを選択

ここからは、実際にインテリアのコーディネートを考えていきます。

インテリアにはさまざまなスタイルがありますが、どのようなスタイルがよいのか分からない場合には、インテリアのカタログや雑誌、ネットを使って多くの事例を見てみましょう。画像情報が豊富なInstagramやPinterestなどもおすすめです。

ご家族が「これだ!」と思えるスタイルを見つけてください。

■リビングやダイニングと合わせる

キッチンだけをリフォームする場合でも、リビングやダイニングのインテリアとの調和を考えながら計画する必要があります。

理想のキッチンを設置したのにほかの空間と調和しなかった……となってしまっては、いいインテリアにはなりません。

どうしてもかなえたいキッチンのインテリアがある場合には、リビングやダイニングを、空間全体のスタイルやテイストに合わせることも検討してみましょう。

    

 

2.キッチンで重視したいポイントは?

キッチンのインテリアで重視すべき部分はどこなのでしょうか。キッチンの印象を決めるポイントを押さえて、より理想に近いインテリアを実現しましょう。

■キッチン本体

国内のメーカー各社が販売しているキッチンには、今ではさまざまなデザイン、タイプのものがあります。

また、各社で機能やこだわりにも違いがありますので、使い勝手やデザイン性については、各社のショールームへ足を運び、実際に確認してみましょう。収納が多い、汚れが付きにくいといった機能面でも、各社それぞれに特徴があります。

ショールームで気に入るものが見つからなかった場合は、オーダーキッチンという選択肢も。完全オーダーなら、理想のインテリアのテイストに合ったものを自由に作り上げることができますし、生活スタイルに合わせたアレンジも可能ですので、機能性が高く、使いやすい、しかもデザイン性にも優れたキッチンを実現できます。

もちろん予算との兼ね合いもありますから、デザインや機能性など優先順位を考えながら、自分たちにぴったりのキッチンを見つけましょう。

■カラーで合わせる

インテリア・コーディネートに自信がないという場合には、空間全体のカラーを合わせてみるだけでもまとまりやすくなります。

最も無難なのは、白を基調としたインテリア。壁紙、床、天井、そしてキッチン自体を白でまとめると、清潔感たっぷりのキッチンになります。白だけではまとまりすぎるという場合には、小物や家具でワンポイントカラーを入れてみましょう。

キッチンカウンターのチェア、カウンターのトップ、梁(はり)などに濃いめの色を入れると空間が引き締まります。 木目を生かしたナチュラルなコーディネートも人気。選ぶ木によって、色合いも変わります。天然の木材を使った、木の香りあふれるキッチンもすてきかもしれませんね。

  

■照明

キッチン全体の照明は、作業のしやすさを重視しましょう。その分、カウンターやダイニングの照明にこだわってみるといいですね。はやりのつり下げ式のライトでは光が足りなくなってしまうことがありますので、シーリングライトとのダブル使いもおすすめです。

■レンジフード

大きめで主張の強いレンジフードで欧米風に仕上げるのもおしゃれですが、対面式のキッチンではインテリアと調和せず、目立ちすぎてしまうことも。近年ではステンレスの極薄型のものも人気ですので、インテリアに合わせて検討してみましょう。

 

いかがですか?

今日ではリビングからキッチンにかけてオープンになっているケースも多く、スペース間での調和が鍵となっています。

後編では、さらにワンポイントでオシャレ度をアップさせるコツをご紹介します。

 

 

【関連記事を読む】

キッチンインテリアを魅力的にする、多機能なキッチン蛇口、その選び方とは?【前編】

キッチンインテリアを魅力的にする、多機能なキッチン蛇口、その選び方とは?【後編】

 

 

キーワード一覧

この記事をシェアする

PAGE
TOP