2019/06/17

キッチンのインテリア・コーディネートを考える。大切なポイントとは?【後編】

キッチンのインテリアについて、前編ではカラーの取り入れ方や、照明などその他設備との合わせ方をご紹介しました。

後編では、おしゃれ度をアップさせるワンポイントについてご展開します。

目次
  1. ワンポイント・アクセントでおしゃれ度アップ
  2. DIYでできるものも取り入れて自分好みに

1. ワンポイント・アクセントでおしゃれ度アップ

ワンポイントでインテリアにアクセントをつけると、空間に表情が生まれ、より引き締まった印象を与えてくれます。失敗しないおしゃれ度アップのコツをご紹介します。

■遊び心のある蛇口でキッチンインテリアが華やかに

蛇口は、キッチン空間における主役と言ってもよいくらいその存在感は大きいと言えるでしょう。そこにこだわりやポイントを置くのも手です。

特に全面フラットなタイプのキッチンでは、プロ仕様のようなデザインのものや、ラウンドネック型のものがワンポイントになります。ハイクラスな蛇口を導入して、キッチンをカスタマイズしてみましょう。

北欧風のキッチンにレトロ調デザインの蛇口といったように、一部分だけを変えて遊び心たっぷりに仕上げるのもいいですね。

一般的なシステムキッチンではあまり見られない、高さのある蛇口で高級感をアップすることもできます。

ラウンドネックタイプなら優雅で優しい印象のキッチンに、スクエアネックタイプならモダンなキッチンによく合います。

  

 

■壁面にアクセントでタイルを取り入れる

壁全体ではなく、壁面の一部分だけを変えてみるのも個性が出ておすすめです。キッチンなら、モザイクタイルを貼り付ける、ブロックをひとつずつ貼っていくという方法も。

キッチンが独立した空間であれば、思いのままに好きなデザインのタイルを貼ってもいいですし、対面式の場合には、リビングとの調和を考えながら選んでみてください。

今では、ホームセンターなどでも、リメイク用のタイルやシートが多く販売されています。貼るだけで雰囲気が変えられるので、簡単にイメージチェンジをしたいという方にもおすすめです。

■シンクの色や素材にもこだわろう

清潔感を出したいのなら、白を基調としたキッチンに、白もしくはステンレスのシンクを合わせるのがおすすめです。また、ナチュラルな木の風合いを生かしたキッチンにも、白の人工大理石がよく合います。

さらに、プロ仕様の本格派を目指すなら、キッチントップもシンクも、すべてステンレスにしてみましょう。料理上手な方、料理がお好きな方にとっては気分を上げてくれる雰囲気になり特におすすめです。

ステンレスにもエンボス加工、ヘアライン加工といった種類があります。ステンレスは傷が気になるという方は、このような表面加工されたステンレスを選ぶといいでしょう。

また他にも、アクセントタイルを取り入れた場合などは、それと同じ色の人工大理石のシンクにするとおしゃれ感がアップします。

 

2. DIYでできるものも取り入れて自分好みに

■飾り棚を作って、おしゃれ&実用を叶える

大きな収納棚はスペース的に余裕がないけれど、手の届くちょうどいいところにちょっとした棚がほしい時は、意外に簡単ですので、自作するのも手です。

板の質感や色、金具なども好みのものにすれば、好きなテイストに仕上げられます。スパイスなど容器を揃えて置いたり、お気に入りのカップ、小物などをディスプレイするとおしゃれです。特に白ベースの空間などにはアクセントになりおすすめですよ。

また、自分で高さや幅を調整できるので、取り出しやすく実用的です。

 

ポイントを押さえてコーディネートを思いのままに

毎日の作業場として、雑然としてしまいがちなキッチンですが、インテリアにこだわることで毎日の意識も変わってくるでしょう。自分たちで考えたお気に入りのキッチンなら、整理整頓するのはもちろん、掃除もこまめに行うようになるかもしれませんね。

インテリア・コーディネートで大切なのは、「見た目だけにこだわりすぎない」ことです。お気に入りのインテリアをかなえて、居心地のよい空間を作り上げてみましょう。

 

【関連記事を読む】

キッチンインテリアを魅力的にする、多機能なキッチン蛇口 その選び方とは?【前編】

キッチンインテリアを魅力的にする、多機能なキッチン蛇口 その選び方とは?【後編】

 

キーワード一覧

この記事をシェアする

PAGE
TOP